豚内臓

リップって何?美味しいの?詳しく解説します!

今回もまた超超超マイナーな部位をご紹介します!

皆さんは豚の唇食べたことありますか?

多分ほとんどの方が無いと思います。唇って食べられるの?と思った方もいるはずです。

結論から言うと食べられます。実は隠れた美味しい部位です。

飲食店やスーパーでもほとんど見かけない希少部位!

今回はそんな豚の唇について解説します。

リップって何?

豚の唇 別名:リップ、唇など

豚の唇は一頭からほんの僅かだけ取れる希少部位です。

ホルモンしま田の取引している業者は頭肉専門の業者なので、こんな変わった部位も入手可能です。

豚の頭の部位は他にはカシラ(ホホ・コメカミ)、タン(舌)、ミミガー(耳)、ブレンズ(脳)、ハナブク(鼻)などがあります。

その中でも豚の唇は一番取れる量少なく希少です。

食感はコリコリとした固いトントロのような味わいで、味も少しトントロに近いです。

コラーゲンたっぷりなので、じっくり煮込んでもおいしいです。

表面には毛が付いているので、焼くか皮を剥いて使います。

うちでは串焼きのお店をしていた時に少量だけおすすめなどで出していました。

生のまま串に刺して焼いても良いし、ボイルしてから焼いてもいいです。

ただ、1,2を争う串の刺しずらさです。

とにかく固いので、串に刺す場合は慣れが必要です。(自分も何度も串折れました)

リップはどんな食べ方がおすすめ?

トントロに似た味わいなので、シンプルに塩や塩だれがおすすめです。

煮込みに混ぜても食感が楽しめて面白いです。

臭みやクセは少ない部位なので、初心者や内臓が苦手な人も食べやすい部位です。

でも、唇と言うイメージが先行して食べられない人もいます。

もし珍しい部位に興味がある方は一度挑戦してみてください。

今後需要が増えれば値段上がるかもしれませんが、現状かなりの格安価格で入手可能だと思います。

 

 

 

 

 

-豚内臓
-, , ,

© 2022 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5