豚内臓

ガツ芯って何?詳しく解説します!!

どうもぶっちゃーしまだです!

焼肉の部位で『胃』と言えば何を思い浮かべますか?

ミノ!正解!

センマイ!最高です!

ハチノス!美味しい!

意外と『胃』を使った部位って多いんですよんね!

なんてったって牛の胃は4つもあるので!!

でも今回は牛の胃じゃありません!

皆さん『ガツ芯』という部位を知っていますか?

ガツ芯とは?

豚の胃はガツと言います。(お店によってはミノや豚ミノとか言う場合もあります)

豚は一頭から1つの胃しか取れませんが、その胃の中で特に肉厚な部分をガツ芯と言います。

この写真はボイルする前の生のガツです。

黄色っぽい部分が食道(シキン)と繋がる部分で幽門と言われる部分です。

この周辺がガツの中で特に肉厚な部位です。

どこからどこまでとか、何mm以上という決まりは特になく、全体的に厚めの部分をガツ芯と呼びます。

反対側はこんな感じです。

白っぽい脂が付いている上部のあたりがガツ芯です。

基本的に1枚目の写真側の膜を剥がした状態をガツ芯と呼びます。

表と裏の間に包丁を入れてめくっていくと分割できます。

徐々に薄くなっていくので、適当なところでカットします。

ガツの中でも特に肉厚で上質でクセも無く食べやすいです。

牛のミノよりも噛み切りやすく、貝に似たコリコリした食感が楽しめます。

ガツ芯はどんな食べ方がおすすめ?

ホルモンしま田では塩ダレで味付けして出しています。

クセが少ないのでどんな味付けでも邪魔をしません。

味噌や醤油ダレもおすすめです!

湯引きしてポン酢で食べたり、塩ごま油で食べるのも美味しいのでおすすめです!

-豚内臓
-, , ,

© 2021 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5