豚内臓

【最強脂部位】キクアブラって何?詳しく解説します!!

どうもホルモンしま田のぶっちゃーしまだです。

単刀直入にキクアブラ(菊脂)って知ってますか?

知っていると答えた方は中々のホルモン通ですね。

あまり一般的なホルモン屋では見ることがない珍しい部位です。

今回はそんなキクアブラに付いて詳しく解説します。

キクアブラとは?

キクアブラは他に漢字で菊脂とかアブラ、大トロホルモンと呼ばれたりします。

生の状態はこんな感じです。

豚の小腸の周りの脂で、豚のホルモンの中で一番脂たっぷりです。

豚のホルモンで他に脂が多い部分と言えばシロコロやテッポウなどありますがキクアブラは別格の脂の多さです。

油断して一気に焼きすぎるともうこんな感じで煙MAXです。

脂系のホルモンが好きな人はハマること間違いなしです。

ただ、苦手な人はめっちゃ苦手だと思うので注意してください!

ネットとかYouTubeでも有名な西成の鉄板焼きやまきさんのアブラはこのキクアブラと言われています。

名前の由来

茹でると周りのヒダが菊のように開く事からキクアブラという名前が付きました。

生のまま焼いたりする人もいますが、個人的には一度茹でて下処理してからの方が美味しいと思います。

地域やお店にもよりますが大トロホルモンと呼ばれたり、アブラと呼ばれたりもします。

ちなみにホルモンしま田では大トロはテッポウ(直腸)部分を出しています。

お店によってはアブラというメニューで、リブロースの部分や背脂を使っているお店もあるので注意してください。

もし気になる場合はお店の方に聞いてみましょう。

中の豆みたいなのは食べられるの?

キクアブラの中にあるつぶつぶはリンパです

中に沢山のリンパが入っているので取り除きます。

詳しいキクアブラの仕込み方は別の記事で書いているのでそちらをご覧ください。

お店によってはそのまま提供するところもありますが、リンパを処理した方が食感や口当たりがよく美味しくなります。

こんな感じの大豆位のリンパが沢山入っています。

どんな食べ方がおすすめ?

キクアブラはホルモン全ての中でもトップクラスに脂が多い部位です。

おすすめはそんなキクアブラに負けない濃厚な味噌ダレや醤油ダレがよく合います!

料理のアクセントとして炒め物に入れても美味しいです。

炭火で焼くときは火が付きやすいのでお気を付けください。

ご飯に合わせるのもいいですが、ビールやホッピーと合わせるのも最高です!

まとめ

最強の脂部位キクアブラいかがですか?

普段なかなか見かけない部位ですが、実はとっても美味しい隠れ絶品部位です。

ちなみにホルモンしま田本店は換気設備が弱い為キクアブラは永久に封印しています。

 

 

 

-豚内臓
-, ,

© 2022 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5