YouTube

【削除覚悟】焼肉屋の秘伝のタレ作り方公開します

【オープニング】

はいどうもホルモンしま田チャンネルのぶっちゃーしまだです。

皆さん、焼き肉屋のタレってどう作っているか気になりませんか?

今回いままでずっと隠してきましたが、ホルモンしま田のタレの作り方を公開しちゃいます!

中々見られない焼肉屋さんのタレ作り、それでは早速やっていきましょう!

 

【仕込み・カット】

用意する材料はこちらです。

まずは水に昆布を入れて出汁を作っていきます。

ニンニクカット

最初に材料をカットします。

まずは国産のニンニクを剥いていきます。もし芽が青くなっていたら取り除きます。

最近ニンニクがめちゃくちゃ高かいです。

ニンニクの消費がかなり多いので焼肉屋は大変です。

剥き終わったニンニクがこちらです。大量ですよね。

生姜カット

つぎに生姜の皮を剥いて適当な大きさにカットします。

剥いた皮は捨てずにホルモンの臭み消しとかに使うと無駄が無いです。

とっておきましょう。

りんごカット

次はりんごを皮を剥いてカットします。

りんごの皮むきするときって

皮切れずに剥けるかな、ってついつい挑戦しちゃいますよね。

失敗しました。

カットしたりんごはこんな感じです。

バナナカット

次はバナナを剥いてカットしていきます。

タレにバナナが入っているの意外でしょ?

レモンカット

次はレモンを輪切りにカットしていきます。

このレモンの風味が大事なんですよね。

ネギカット

最後にねぎをカットします。

周りの白い部分だけ使います。

中の使わない部分は刻ネギや薬味に使います。

白い部分を短冊切りしましょう。

 

以上で材料のカットが終了です。

つぎに調味料を準備していきます。

砂糖

まずは砂糖。うちでは上白糖を使用しています。

すごい量です。

旨味調味料

次に味を調える為のうま味調味料。

みりん

次にみりんを用意しておきます。

 

【フードプロセッサー・混ぜ合わせ】

調味料の準備が終わったらカットした材料をフードプロセッサーにかけていきます。

 

まずはニンニクを細かくしていきます。

みりんを一緒に入れてあげると綺麗に細かくなります。

なるべく細かくなるように何度も混ぜましょう。

混ぜ終わったら容器に入れていきます。

 

ニンニクが終わったら生姜も同じように細かくしていきます。

今度は醤油を使ってよく混ぜていきます。

生姜は繊維があって細かくなりずらいので注意します。

 

続いてりんごも細かくしていきます。

焼肉のタレでりんごが入っているお店は多いですよね。

市販のタレもりんご率高いです。

 

最後にバナナを細かくしていきます。

材料を全て混ぜ終わったら全体を綺麗にするためにもう一度空の状態で醤油で混ぜて洗います。

 

材料が入れ終わったら醤油を入れます。

段々醤油ダレっぽくなってきました。

 

砂糖を入れて良く混ぜます。

玉になりやすいので何回かに分けてよく混ぜていきます。

 

次にうま味調味料を入れてよく混ぜます。

 

初めに作っておいただし汁を加えて濃さを調整します。

 

カットしておいたレモンをネットに入れて軽く絞って中に入れます。

最後にカットしておいたネギを同じようにネットに入れて良く揉んで香りを立たせてから中に入れます。

よく混ぜてタレの完成です。

 

完成したタレはこんな感じです。

基本的にこの醤油ダレは肉のもみダレやつけダレに使われています。

 

【エンディング】

本日の動画は以上です。最後までご視聴ありがとうございます。

醤油ダレの仕込みいかがでしたか?

次は味噌ダレ編も企画しているのでお楽しみに!

ちなみに皆さん好きな焼肉のタレありますか?種類とか、お店とかあればコメントお待ちしています。

 

これからもどんどん動画投稿していくので、是非参考にしてください!

 

自分たちは群馬県前橋市でホルモンしま田というホルモン屋をやっています。

前橋には美味しい肉を食べられるお店が沢山あるので、

前橋に来た際は色々お店探してみてください!

 

この動画がいいなと思いましたらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

-YouTube
-

© 2022 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5