YouTube

【禁断映像】生ユッケVSレアユッケ違いがあるのか食べ比べ

【オープニング】

はいどうもホルモンしま田チャンネルのぶっちゃーしまだです。

皆さんユッケは好きですか?

やっぱり生肉って美味しいですよね。

最近は色々厳しいので生のユッケを提供するお店も少ないです。

実際生と加熱したユッケがどう違うのか食べて検証してみます。

それでは早速やっていきましょう。

 

【仕込み】

今回は牛のランプ部分を使います。

特に柔らかく、脂肪も少ないのでユッケにするなら適しています。

まずは加熱したユッケを仕込むために必要な分をカットしていきます。

カットが終わたら真空して低温調理機で加熱していきます。

1時間くらい室内に置きお肉の温度を常温にし、今回は58度で4時間40分加熱します。

(時期によって室内に置く時間調整)

加熱が終わったら鍋から取り出し、しっかりと氷水でよく冷やします。

冷やし終わったらカットしていきましょう。

 

真ん中に筋が噛んでいたので、筋を避けながら、肉を細切りにカットしていきます。

好みにもよりますが、細く切ったほうが味が良く絡んでおすすめです。

少し太めにして肉肉しい感じで食べてもOKです。あえて薄切りにして卵と絡めて食べるのおすすめです。

 

それでは次は禁断の生肉をカットしていきます。

まな板包丁を変えて、周りをトリミングしてカットしていきます。

同じ様に細切りにして下準備の完成です。

 

カットが終わった状態はこんな感じです。

 

【味付け】

まずはユッケのタレを作っていきます。

焼肉のタレ、おろしニンニク、コチュジャン、ごま油をよく混ぜて完成です.

焼肉のタレが無い場合は醤油と砂糖を混ぜてもOKです。

 

次はタレと肉をよく絡めていきます。

お肉の量に合わせて調整してください。

 

盛り付けていきます。

お皿に白髪ねぎをしきつめて、真ん中にくぼみを作るようにお肉を乗せます。

くぼみに卵黄をのせて、万ネギ、ゴマ、軽くタレをかけて、ブラックペッパー、糸唐辛子を盛り付けて完成です。

 

同じ様に生ユッケもお皿に盛り付けて完成です。

完成したユッケはこんな感じです。

加熱した方は綺麗なピンク色をしています。生のユッケは赤いです。

それではさっそく食べていきましょう

 

【実食】

いただきます。

まずは低温調理で加熱したユッケから食べてみます。

見た目はこんな感じです。卵黄をわって食べていきましょう。

おいしいです。

もっとパサつくかと思いましたが、正直予想していたより加熱しても美味しいですね。

 

次は禁断の生ユッケ食べてみます。

皆さんは絶対に加熱用のお肉は加熱して食べましょう

今回は検証の為に食べ比べてみます。(ぶっちゃーしまだは日頃から特殊な訓練を積んでいます。)

この見た目が食欲そそりますね。

生のユッケの方が混ぜてる感じ少し粘り気というか、絡まる感じがあります。

 

今回2つにユッケを比べてみましたが、もし低温調理したユッケが出てきたら自分は全然ありです!

やっぱり2つを同時に比べると生の方が独特の食感がたまらないですが、

もしお店で出してもらえるならこの加熱したユッケもいいですね!

ご飯にのせて食べたいです!

 

【エンディング】

本日の動画は以上です。最後までご視聴ありがとうございます。

ユッケの食べ比べでいかがでしたか?

やっぱり生のユッケは旨いな。

だけど低温で加熱したユッケも十分旨いです!

 

これからもどんどん動画投稿していくので、是非参考にしてください!

 

自分たちは群馬県前橋市でホルモンしま田というホルモン屋をやっています。

前橋には美味しい肉を食べられるお店が沢山あるので、

是非前橋に来た際は色々お店探してみてください!

 

この動画がいいなと思いましたらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

 

 

-YouTube
-

© 2022 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5