YouTube

【日本のホルモン料理】家で簡単プロの味!!「群馬風もつ鍋」

【オープニング】

はいどうもホルモンしま田チャンネルのぶっちゃーしまだです。

寒い時期って鍋が恋しくなりますよね。

皆さんは何鍋が好きですか?

今回は寒い時期にぴったり、シロコロとキクアブラで作る絶品もつ鍋を紹介します。

ホルモンしま田の賄いでも大人気の一品です。

誰でも簡単に作れるので、是非試してみてください。

それでは早速やっていきましょう。

 

 

【仕込み】

今回は3人前位の量で作ります。

まずは野菜をカットしていきます。

ニラ一束を5cm位の長さでカットします。

次にニンニク1片をスライスします。

 

次にスープを作っていきます。

水400cc、醤油大さじ2、白だし大さじ3、みりん大さじ1、塩小1/2、を良く混ぜて完成です。

次は鍋に具材を入れていきます。

キャベツはカットしたものがあったのでそのまま使います。

約300gいれました。

次にシロコロとキクアブラを入れます。

ガツとか食感のある部位を入れても美味しいです。

次にもやしを1袋入れます。

豆もやしでは無くても平気です。

自分は食感が好きなので豆もやしを使いました。

その上にニラ1束を入れて、ニンニク、輪切り唐辛子、ゴマをかけて盛り付けは終了です。

最後にスープをいれたら完成です。

 

それでは早速食べていきましょう。

 

【実食】

まずは火にかけていきます。

初めは強火で温めて、沸騰してきたら中火にして煮込んでいきます。

煮込んでいる間に飲み物の準備をします。

今回も脂っぽいホルモンに合わせてホッピー白でいきます。

 

いただきます。

もつ鍋っていうと福岡が有名で、具材は牛の小腸とかギアラとかが入っていること多いですよね。

やっぱり群馬は豚の内臓の文化なので、

どうにか豚の内臓で美味しいもつ鍋出来ないかなと考えた結果シロコロとキクアブラにたどり着きました。

豚の小腸だとちょっと固くて野菜との相性合わなかったです。

豚の内臓で美味しい臭みの無い脂が出る部位ってあまりないので、キクアブラが一番適していました。

キクアブラのプルプル食感も牛の小腸とか食べているような印象です。

野菜にもたっぷり旨味が染み出ててこれは進みますね。

スープも美味しいです。

 

最後スープが余ったので〆の麺で。

ちゃんぽん麺が無かったので、今回は中華麺で。

皆は鍋の〆は何派ですか?

最後のスープにすりおろした生姜をちょっと入れたりしてもさっぱりして美味しそうです。

 

 

【エンディング】

本日の動画は以上です。最後までご視聴ありがとうございます。

もつ鍋の作り方いかがでしたか?

豚のモツ鍋って抵抗ある人もいるかもしれませんが、実は絶品です。

シロコロとキクアブラが良い味出しています。

 

これからもどんどん動画投稿していくので、是非参考にしてください!

 

自分たちは群馬県前橋市でホルモンしま田というホルモン屋をやっています。

前橋には美味しい肉を食べられるお店が沢山あるので、

是非前橋に来た際は色々お店探してみてください!

 

この動画がいいなと思いましたらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-YouTube
-

© 2021 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5