YouTube

プロが教える!!牛テールの食べ方と魅力

【オープニング】

はいどうもホルモンしま田チャンネルのぶっちゃーしまだです。

今回は牛のテールを焼いて食べていきます。

テールの焼きって置いてあるお店少ないけど実は焼いても美味しいです。

ついでに一緒にテールスープも仕込んで食べていきます。

それではやっていきましょう。

 

【仕込み】

今回用意したテールはこんな感じです。

お店で焼き用のスライスのカットできないので、業者さんに頼んでスライスで納品してもらいました。

根元から5mm位の厚さでカットしてもらいました。

なので今回仕込むところ少ないです。

 

牛のテールは1本大体1.5キロくらいです。

今回は焼きとテールスープで食べていきます。

 

まずはテールスープ用にテールをカットします。

関節部分に包丁を入れてあげると簡単に包丁でカットすることができます。

関節以外でカットしようとしてもカットできません。

こんな感じでカット出来たので、これは煮込んでいきます。

 

焼き用のテールをお皿に盛り付けます。

全体に塩とホワイトペッパーを振って焼き用のテールは味付けは終了です。

 

スープを仕込んでいきます。

鍋にテールがつかるくらいのお湯を入れて一旦下茹でします。

15分位灰汁を取りながら茹でていきます。

水で表面に付いた汚れを洗って、水の入った鍋に再度テールを入れて煮込んでいきます。

ネギ、生姜、玉ねぎ、ニンニクを入れて4時間くらい煮込んでいきます。

 

出来上がったスープはこんな感じです。

 

それではテールスープを作っていきます。

鍋にスープを入れて、塩、ブラックペッパー、おろし生姜、おろしニンニクを入れて、煮込んだテールを入れて少し煮込みます。

最後にニラを加えて、器に盛り付けましょう。

お好みでネギや薬味を乗せて出来上がりです。

それでは早速っ食べていきましょう。

 

【実食】

いただきます。

まずはテールスープから。

すごいシンプルな味付けですが、旨味たっぷりのテールはこれくらいで十分です。

お肉も食べてみましょう。

トロトロです。完全に歯が要りません。

この肉だけご飯にのせてタレかけて食べたいです。

 

次はテールを焼いていきます。

油の多い部位なので、結構ファイヤーするので注意してください。

両面を焼いていきます。

こんなに大きい部位ですが、食べられる場所はすごい少ないです。

焼きたては熱いので、火傷しないように注意してください。

骨の周りは特に旨味が凝縮していて美味しいです。

 

お腹空いちゃったので、テールスープに麺入れて食べます。

塩足して味整えます。

ちょっとこの麺がスープに対して多かったですね。

このスープの少なさ小学校の頃給食で出たラーメン思い出しました。

 

【エンディング】

本日の動画は以上です。最後までご視聴ありがとうございます。

テールの仕込みからテールスープの作り方いかがでしたか?

普段中々見れない内臓の仕込みなども色々動画にしています。

これからもどんどん動画投稿していくので、是非内臓仕込む際の参考にしてください!

 

自分たちは群馬県前橋市でホルモンしま田というホルモン屋をやっています。

前橋には美味しい豚を食べられるお店が沢山あるので、

是非前橋に来た際は色々お店探してみてください!

 

この動画がいいなと思いましたらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

-YouTube
-

© 2021 ぶっちゃーしまだのホルモン屋ブログ Powered by AFFINGER5